拝啓、旅をする木

アラスカのおおかみ

ずっと眺めていた、海の向こう岸

ずっと眺めていたかった

切り立った崖に深く、深く切り刻まれたクレバスのむこう

その先を見るなら、今しかない

…そう、今しかないのだ

犬かきで冷たい海を泳ぐ

その冷たさに思わず目が眩みそうになるが

まだ大丈夫

まだいける

切り立った崖におりるのに、遠回りまでして

高い、高い崖をじりり、じりりとのぼっていく

そうして切り立つ崖のクレバスの麓に着いた

おぼつかない足取りでそろり、そろりと

クレバスを潜っていく

そうして身体が悲鳴をあげるか、あげないか

やっと着いた

 

駆け出したい気持ちを、抑えて

いや、もう限界だ

 

ぼくはそっとあの憧れた、焦がれた雪原に

足跡一つ遺す

 

ぼくは、これでもう満足だ