ほしのにんぎょひめ Das Mädchen

少女は、洞窟の傍に立っていて

煌々と燃える松明が彼女の横顔をにわかに照らしているのだった。簡素な身形をしているものの、目鼻立ちが整っていてきれいだと、俺は思ったのだった。

手には乾燥した草らしきものを持っている、そこに目をやると彼女は自身の手を開いてこちらに差し出しながら

「これ、なんだと思う?」

「…え?あ、いや」

ヨモギよ、厄除けになるかもしれないって。松明にくべたら火が弱まるからやるなと言われたこともあったけど

でもこの街の酷さ、見たでしょう?少しでも良くならないかなって思ったから

これからも続けるつもり

…妙案だと思わない?」

「…失礼だが、君、友達いるかい?」

「いないわ、周りは皆違う街に行ってしまったから。少なくともその為に努力しているような人はとっくの昔にね」

「…なるほど」

「友人というか知り合いというか…居るには居るけど

この街に居座り続けてアクセサリー感覚でとっかえひっかえするような人達はもう関わってこようともしないし、気楽なものよ

「なんとも強烈なご意見で、だから君は一人でいるんだね。賢明ではあるのかな」

「…酒飲みに碌なやつはいないっていうのがこの街の常識みたいなもんだけど、あなたはどうやら違うみたいね」

「その断定はどこから?」

「…少なくとも街の様子に嫌気が差してここに来たのだとしたら、歓迎に値しない理由なんてないわ、でしょう?」

「お褒めに預かり光栄です」

「…さっきから変な口調ね」

「王の草」

「…へ?皮膚に効くやつなんて今持ってないけど」

「面白いな、そんなの始めて聞いたよ。

 ハーブと言った方が通じるのかな」

「…なにそれ、知らない」

「worm wood、君が手にしているのとは少し違うみたいだけど、…俺の好きな酒の原料だ。」

「…やっぱり酒好きには碌なのがいないわね、カッコつけ過ぎてて嫌になるわ

お酒は確かに役に立つわ、…主に消毒用として」

「酒飲みに碌な人がいないからという理由で酒を飲まないなんて

損をしていると思わないのか?」

「ないわ、全然。眺めているだけでうんざり

それよりも草を摘んで色々効用について調べたり、眺めてたりする方が楽しいの

…ここに残っているのはそれが大きな理由ね」

「俺もこの入江を眺めたら早々に発つつもりだったけど、気が変わったよ

しばらく滞在するつもりだ」

「ここは空き家がたくさんあるから、泊まる分には申し分ないと思うわ。紹介してあげる。」

「ありがとう、また話聞かせてくれるかな」

「…もちろん。」