ほしのにんぎょひめ 閑話 稚拙なシナリオライター

寂れた街を再興する為に秘密裏に行われてきたあることに触れる事が出来たのは幸いだったのか、それとも不幸だったのか どちらにしてもこのどこまでも沈んだ意識が某かの期待も希望も受け付ける事はないのだろう なんとも酷い気分だ 一度触れてしまった秘密か…

ほしのにんぎょひめ 14項

「あの日、見知らぬ男が酒場に来たんだ、久しぶりに そしてあいつが掴みかかっていつもの品定めをしたあと 滞りなくあの洞窟付近の海岸にに男は誘導される筈だった 俺は鄙びた街に人を呼ぶ為の客寄せ要員として 人魚姫の格好をしてたんだ だが、席を代わる時…

ほしのにんぎょひめ 13項

「実際いるにはいるんだよ、お前みたいに、純粋に人魚姫の存在を信じて 長年それを追い求めているような人たちは …ただそういう人たちはかなり高齢で 自分から情報を提供したり、交換しに何処か集まって会話するという事がないんだ だからこそそれを利用する…

ほしのにんぎょひめ 12項

ぼくは再び酒場の扉を開く、結果はどうであっても確かめなければいけない事があるから 「そろそろ来る頃だと思っていたよ… 店は変わってしまったけど、品揃えだけはあの時のままを目指そうとしたが、そうもいかなかったらしい …やはりあの人には敵わないな。…

ほしのにんぎょひめ 11項

伝承に対する信憑性を維持するという名の下暗黙の了解として進められてきたとある風習を ぼくはその日まで知らなかった かつてのぼくは寂れた街に、そして何よりここに住むおとなたちに侮蔑的な感情を持っていて 酒は身体に悪いから、脳の発育を遅らせるから…

ほしのにんぎょひめ 10項

ぼくはまず、どちらに行けばよいのだろうと半刻ほど思索を巡らせたが 思いついたのは より危険な方は後回し、 たったそれだけのことであった なんとも情けない気がするけれども これがぼくの精一杯なのであった。 鮮烈な記憶が血肉を与えられて再び息を吹き…

ほしのにんぎょひめ 9項

酒場の雰囲気はなごやかそのもので ぼくが図書館に所蔵されているという本に興味を持つのも当然のことだった。 だが、それらしい本は見当たらないばかりか 司書の人に聞いてみてもそのような本は存在しない、の一点張りでまともに取り合ってはくれないのだっ…

ほしのにんぎょひめ 8項

「まあ要するに、泊まるところがないならここに好きなだけ居座るといいってことだ。」 「…どうして見ず知らずのぼくを?」 「どう見ても物盗りをするようなやつじゃないし、何よりも気に入った、ってことさ、他に理由なんてないな」 「ちょうど席も空いてる…

ほしのにんぎょひめ 7項

「さて、アンデルセンの人魚姫は、本来は人と会う事のない人魚姫が難破船で漂流した王子を助けた事によってある種悲劇的な最後を迎える話なわけだが ここの伝承にある人魚姫は少し違うんだ」 「最後は思いを遂げることのできなかった人魚姫が海に身を投じて…

ほしのにんぎょひめ 6項

「さて、どこから話そうか」 店主は言うなり銀盆の上に置かれたままのジッポーを手に取ると、空いた手で胸ポケットから煙草を取り出して火を点けた。 銘柄は分からない、そもそもぼくは煙草を嗜む趣味はないので検討もつかないのであった。 店主は満足そうに…

ほしのにんぎょひめ 5項

アブサンのボトルは銀の盆に載っていて隣には切り細工の装飾の施された入り口は広くそこから細長くなっていって下方が少し風船状に膨らんだ専用のグラスと小さなココット皿に入った紅茶用の角ばった砂糖の塊と、ジッポーライターと銀製のこれまた美しい装飾…

ほしのにんぎょひめ 4項

「人魚姫の伝説を聞いてこの町にやってきたのでもなくただこの酒場に来たのなら、残された理由は酒好きだって事ぐらい。となるとこれほど歓迎に値する理由はないからな、何か飲めよ。人魚姫の伝説目当てでくるやつに飽き飽きしてたところだ。」 と静かにグラ…

ほしのにんぎょひめ 3項

よく見れば酒宴のテーブルは六人掛けのテーブルの筈なのに反対側の席が全て空いている。所狭しと料理や空き瓶が並んでいるのに、どこか不自然だ。 そこに座るのはおそらく… だとしたら、成る程この町の規模のわりに酒場がこんなにも立派な店構えをしているの…

ほしのにんぎょひめ 2項

「おっ見かけない顔だな」 _______声をかけられた瞬間ぼくはしまった、と思った 旅慣れてはいるものの精悍さからは程遠い体つきのぼくはよくこう声を掛けられては人目のつかない路地へと無理やり連れて行かれそうになるのだった。あまりにもそのよう…

ほしのにんぎょひめ 1項

星の産まれる声が聞きたくてそっと始める。ポケットから瓶を、買ってきたばかりのグラスをそれぞれことりと置いてはやる気持ちを必死に抑え、深呼吸をひとつして。 海を泳ぐ人魚が何故、と一言だけつぶやいて流した涙が真珠になってそれをグラスに入れて炭酸…

Make wide view of consious,soon time is running out .

There is supposed to be wise saw which the famous Albert Einstein said . ''If the bee disappears from the surface of the earth, man would have no more than four years to live. No more bees, no more pollination, no more plants, no more man.…

硝子のようでいて、それでも

祖父が亡くなった時の話をしよう 台風の最中式は執り行われた ごうごうとうねる風の音が 死者を送る聖歌とおりなって 心の底に沈みゆく かつての祖父の面影はなく うわ言のように 呼気だけを荒くして 艱難なく生を終えた祖父 これが生きるという事ならば 生…

ウィトゲンシュタイン考察

道徳観、倫理観を言葉で語る事が出来ないのは ある特定の場合において 言葉をむやみに発する事それ自体が自分がとりうるべき行動基準と倫理観に反するものである側面もあり、超越論的に受け手とのやり取りの中に蓄積されていくものだからである みずからの論…

虚実を帯びた果はやがて腐り落ちる

何とも衝撃的なくだりから始まる彼女の独白は何処か空虚で 伏し目がちになりながら、手を組んでいる姿は悲痛な記憶から滲み出す感情に身を寄せているというよりも 誰も知らない秘密に触れてしまったかのような愉悦感とそれをひけらかすことへの背徳感に酔い…

花は匂えど

ふと花壇におりたち花々を眺めてみる 鶏頭のビロードのような少しハリのある毛羽立ちをした滑らかな手触りと独特の光沢が目に鮮やかである ペチュニアはもっときめ細やかでしっとりとした手触りをしており、少し癖のあるなんともいえない芳香を放つのである …

藍より哀に出でし

色から想起されるイメージは実に異なっている 西洋における青色のイメージはどこかしかネガティブさが付き纏うのは言うまでもない マリッジブルー ブルーフィルム 等青はどこか陰鬱さをはらむ用語として扱われている 日本ではどうか、川を描く時使われるのは…

アリューシャン列島の老兵は夜毎濃霧の幻影に流離う

きっと矯めつ眇めつして見た数々の風景の中に潜む悲しさを掘り起こして 誰にも知られることなく心の内に静かに涙を流し 過去に取り残されたままの老兵は 戦争の物悲しさを示す水先案内人なのだろうか 星野道夫の作品は作者が非業の死を遂げる事で終止符を打…

赤や黄色や紫を背にして頬張る氷水の冷たさよ

夏祭り、花火大会 耳を劈くような花火の轟音 赤や黄色や緑の色とりどりの光が空に浮かんでは消える 夏の風物詩である 道行く人に威勢の良い声を投げかける露店の人 足を止めて買い求める人 行き交う人 浴衣を着、めかし込んだ少女が時折携帯に目を落として誰…

習作 螺旋階段

登らねばならない、とにかく上へ 天板から照り返された光が眩しい 季節は夏だ、其処彼処から蝉の鳴き声が聞こえてくる 何段か登った所でふと疑問が生じる、 私は一体何をしているのだと、 だがもう後がないのだ 何をやってもダメだと言われた 何故こんな事が…